トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄金世代 〜日本ラグビーの中軸を担う年代達〜

<<   作成日時 : 2004/10/06 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

少しタイトルに戸惑ったが、11月のスコットランド・ウェールズ遠征の</br>
日本代表
が発表された。新しい顔ぶれあり、復帰組みあり、若手、ベテラン上手く混じった</br>
メンバー編成だと思う。最年少は社会人一年生、昨年度関東学院大学優勝キャプテンの</br>
山村。最年長は「ミスターラグビー」代表キャップ国内最多ホルダーの元木。</br>
しかし最も個人的に注目しているのは、1975年生まれの世代の多さ。(僕の一級下)</br>
</br>
大久保 直弥(NPCサウスランド=NZ)</br>
箕内 拓郎(NECグリーンロケッツ)</br>
池田 渉(三洋電気ワイルドナイツ)</br>
田中 澄憲(サントリーサンゴリアス)</br>
沢木 敬介(サントリーサンゴリアス)</br>
向山 昌利
(NECグリーンロケッツ)</br>
大畑 大介(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)</br>
</br>
の7名がその世代にあたる。他にも今回は選出されていないが、</br>
</br>
久保 晃一(ヤマハ発動機 ジュビロ)</br>
吉田 尚史(三洋電気ワイルドナイツ)</br>
月田 伸一(リコーブラックラムズ)</br>
</br>
は、2003年度W杯日本代表メンバー、更に</br>
</br>
伊藤 譲(東芝府中ブレイブルーパス)</br>
伊藤 宏明(福岡サニックスボムズ)</br>
平尾 剛史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)</br>
</br>
は春の日本代表メンバーである。数えると13名が代表戦士である。</br>
他にも、トップリーグで活躍している</br>
</br>
木下 剛(NECグリーンロケッツ)</br>
福岡 幸治(ワールドファイティングブル)</br>
山品 博嗣(リコーブラックラムズ)</br>
</br>
さらに、忘れてはならない。イングランドのプレミアで活躍し、怪我のリハビリをしながら</br>
福岡サニックスボムズのアドバイザーとして活動している</br>
</br>
岩渕 健輔(サラセンズ=ENG)</br>
</br>
などそうそうたる顔ぶれ。他にもまだまだいるが、有名どころではこんな感じか。</br>
現在の代表を、そしてトップリーグの中軸を担っている「黄金世代=ゴールデンエイジ」</br>
とでも呼んだ方がよいか。しかし、そんな彼らも29歳。もうベテランと呼ばれる世代だ。</br>
あのデビッド ベッカムも彼らと同世代。何とも凄い世代である。</br>
サッカー界では、1979年生まれ年である小野伸二(フェイエノールト=オランダ)</br>、
稲本潤一(ウエストブロッジ=ENG)、中田浩二(鹿島アントラーズ)らも黄金世代と呼ばれ、</br>
1999年のワールドユース大会(ナイジェリア)では日本史上初の準優勝を経験した。</br>
彼らもまた、現在の日本代表での中軸を担っている。</br>
このように、突出した世代はどのスポーツ界にもあるようだ。</br>
次のラグビーW杯は、2007年 フランス大会である!</br>
黄金世代はその時既に32歳。</br>
彼らがまだ中心だったら非常に頼もしい。が、反面世代交代はまだか?</br>
とも不安にもなる。複雑な心境にはなるだろう。</br>
まずは今季のトップリーグで、「黄金世代」がリーグを盛り上げて欲しい。</br>
</br>
PS1:そういえば、僕の妻も「黄金世代」だなぁ。(独り言)





◆トミーと一緒にラグビーを応援しよう!JRFUメンバーズクラブサイトはこちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
頑張れ昭和50年会
昭和50年生まれの野球選手が「昭和50年会」を結成するらしい。 ようやくきたかーと喜んでおります。管理人、彼らと同年齢なのです。 高卒の選手なら10年目、順調にいくとFA権があったり(ex.ファイターズ金子) すでに選手会長を任されていたり(ex.ドラゴンズ井端) ... ...続きを見る
らぶすぽ。
2004/11/29 23:02

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
かつて国立競技場を満員にしていたということがウソのような状況ですが、こうしてラグビーについて、現場も知っている立場の方と時には深く話し合える機会が出来たこと、非常に嬉しく思います。
先日のイタリア戦、トップリーグのワールド×トヨタ、近鉄×クボタをスタジアムで観ましたが、観客数は今ひとつながら、ラグビーを知っている質の高いファンが多いのをみて、ラグビー需要は高いことを感じました。

今年のトップリーグは、青木選手がいた頃、よく観ていた古豪リコー復活も嬉しいことですが、クボタやIBMなど新勢力の頑張りも非常に楽しみです。

僕にとっての黄金世代は、今泉、堀越、郷田、藤掛、吉田、富岡、梶原、桜庭…。歳がバレますね。
みのる
2004/10/06 12:24
みのるさん、コメントありがとうございます!その世代は私が最もラグビー
選手を尊敬(ミーハー)していた選手達です。中学生時代、寒い中試合後の
ファンクション終わるのを待ち、こごえる手でサインをねだり、最後に握手をしてもらいました=堀越選手!
これからラグビー人気は上がると思いますよ!私もラグビーネタを書いている時が一番幸せ(?)ですが、自分もトップリーグでプレーしたかったなとちょっぴり思います。今の選手がうらやましいですねー。
トミー
2004/10/06 20:44
初めまして。
今季はスタッフにお名前が見あたらないと思ったら、blogを見つけられて嬉しい限りです。

私は「黄金世代」と同じ年齢です。皆さんの活躍に勇気付けられ、明日への活力を得ております。先日はラグビーを初めて見るという北海道の友人(共に黄金世代)を秩父宮でのNEC戦に連れて行きましたがとても楽しんでおりました。今季は序盤から混戦模様で、毎週末秩父宮に行かずにいられませんね。
さつき
2004/10/06 22:34
ブログもだんだん書き込みが増えてきて、楽しくなってきました!
どの方もラグビー界を盛り上げていこうという気持ちがおありのようで、
読んでいてうれしくなりました。やっぱりファン数を増やすには、生で
試合を見るのが一番ですよね〜! さつきさんも書かれていたように、
もう既にラグビーファンの方は必ず新しい顧客?を連れてラグビー観戦に
行くようにしたらどうでしょうかね? また、トミーさんの言われている
ような新企画などもどんどん取り入れるべきですよね!地上波でのTV
中継ももっと増やしてほしいなあ…。2011年は絶対に日本でW杯を!と
願うばかりです。まずはやっぱり、トップリーグを盛り上げることから
ですね!(私も12チーム全部は言えないので反省しつつ。) 
PS 黄金世代のメンバー、こうやって名前を並べるとスゴイですね!
   でもやっぱり大畑さんが一番?かな。(すみませーん!)
紫陽です。
2004/10/07 00:06
今泉、堀越、郷田・・・すごい世代ですね。こんな話を始めると、思わず平尾、大八木、林・・・とか松尾、洞口、谷藤とかすごい名前を出してきてしまいます。(私はいったいいつからラグビーを観ているか?幼い頃の思い出ということにしておいて下さい)
長いラグビーファン生活の中では何年たっても忘れられない試合、目に焼きついているシーンというのがあります。いわゆる名勝負といわれるものとは別の、もっと個人的なものです。選手のみなさん!みなさんのがんばりをファンはしっかりと覚えています!「黄金世代」のかたもそうでない方もそれぞれの「黄金時代」を築いてください。
hiromi
2004/10/07 00:32
はじめてお邪魔させていただき、うれしくて思わずコメント書いてます。ラグビーというスポーツへの熱い想いを現場にいらっしゃる方とシェアできるなんて、ブログというシステムに感謝ですね♪
先日のリコーの試合と日本IBMの試合をTV観戦しましたが、トップリーグが設立されてからまだ2年目だというのに社会人ラグビーは今までにない形で急速に変化・レベルアップしていると感じました。強豪チームに対してひたむきに挑む彼らに、なんともいえない素敵な「ワクワク感」をもらった気がします。ファンはみんなこういう「手に汗握る、わくわくする試合」が見たいんです。こういう試合がもっともっと増えれば、ラグビー場へ足を運ぶ人の数も絶対に増えます!私の職場には「昔はよくラグビー見にいってたよ」という元ファンがたくさんいらっしゃるので、「今年はおもしろいから行きましょうよ!」ともっぱらトミーさんと同期の私が観戦ツアーを企画しています。ワールドカップに向けて、あの頃以上にラグビーを熱く盛り上げたいですね!!
個人的にはセブンスももっと盛り上げたいんですけどね〜。
あ〜、また秩父宮に行きたくなってきた(笑)
あっこ
2004/10/07 01:42
トミーさん、御返事どうもありがとうございます。
僕も当時ミーハーしていましたが(今もかな?)、驚いたのは、選手のみなさんがファンに対して非常に気さくで、それでいて礼儀正しく接してくださることでした。当時のラグビー人気からすれば、鼻高々であって不思議ではないのに。
>あっこさん
セブンスの開放的な雰囲気は良いですよね。毎年春に行われていた、ワールド・セブンズがしばらくなくて非常に残念です。選手が非常に身近に感じられて、スタンドに座って観戦していたら、いつの間にかサモアの選手に囲まれてたなんて状況が楽しかったんですけどね。
みのる
2004/10/07 19:15
都合で昨日はPC見れませんでしたが、びっくり!こんなにもの方がコメントしてくれていたとは!!どうもありがとうございます。
さつきさん>僕のスタッフ時代をご存知でしたか。それはびっくりです。
スタッフ時代は表の世界には出なかったので、ご存知だということだけでも嬉しい限りです!トップリーグのレベルは確実に上がっています。やっぱりラグビーは生で観戦が一番ですね。

紫陽さん>久しぶりです!(なんて一週間も経っていませんが・・)黄金世代と言われている年代が(勝手にぼくが読んでいるんですが・・)、僕の一級下という事で非常に注目しており、彼らを勝手に身近に感じています。やはり大畑選手が一番という事ですが、彼は日本ラグビー界では間違いなくbPの顔でしょう。第二の大畑はいつ来ますかね??



      
トミー
2004/10/07 20:46
お返事したい事が多すぎて、規定の文字数をオーバーしてしまいました。
hitomiさん>松尾、洞口、谷藤・・・新日鉄釜石時代の選手達ですね。日本代表にもなったセンターの小林さんは、僕の高校の大先輩でした。僕の中でも名勝負というのがあり、いつになっても忘れられないですね。それについては、いつかお話したいと思います。今後も「名勝負」、どんどん演じてくれるでしょう。
あっこさん>はじめまして!有力な外人選手が次々と入団してくるリーグですが、決して外人選手だけが凄いのでは無く、彼らに追いつけ追い越せとばかりに日本人のレベル、特にディフェンスレベルはものすごく上がっています。
観戦ツアー、いいですね〜。熊本や新潟といった郷土での試合もあるので、名産物をほおばりながら、観戦なんていうのも面白そうですね!JAPANセブンスも
復活してほしいですね。
みのるさん>今の選手は、どんな方に対しても非常に紳士であり、またそういったファンサービスもプロフェッショナルシップと認識していますね。本当に性格も皆さっぱりしている人間ばかりで、親しみやすいですよ。
やはりラグビーは、紳士のスポーツです。
トミー
2004/10/07 20:48
黄金世代 〜日本ラグビーの中軸を担う年代達〜 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる