トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS ああ青春 知られざる高校寮生活編

<<   作成日時 : 2004/10/13 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

前回は高校時代の上下関係について暴露(?)してしまいましたが、この勢いに乗って</br>
今度は高校生ラガーの寮生活について記事にしたいと思います。</br>
</br>
高校生の寮生活。それは普通で考えたら、越境入学をした高校生(スポーツでも勉強でも何か目指すものがあるための越境)以外ではあり得ない、と思う。越境入学であればまあ寮生活になる事はある程度予測できる。</br>
しかし、目黒高校は別である。</br>
有無を言わさず全寮制!である。寮から徒歩5分に自宅があったとしても、

どんなに親の手作りご飯が恋しくても、どんなに彼女(いればだが)と自宅が近くても</br>
寮!寮!寮!しかし、目黒ラグビー部は、中学時代これといった実績もあるわけでもなく、</br>
経験者も大していない、ごく普通の高校生を日本一のラガーにするという理念(?)がある。</br>
TVを見るときも腹筋しながら見よ!</br>
食事の時間もとりあえず沢山食べて胃袋を大きくしろ!(毎日アップアップ)</br>
一人一畳の生活スペースは、コンタクトプレーの練習だ!</br>
等本当に24時間365日ラグビー漬けである。そこまでして初めてエリート校と互角に</br>
渡り合えるという理論である。その理論は今も正しいと思うが。</br>
そして、寮則がこれまた厳しく</br>
門限8時!</br>
雑誌禁止!
買い食い、彼女への電話禁止</br>
全員スポーツ刈!(これは運動部だったらあるか)</br>
夕食時一人五個にんにくの味噌漬けの義務!</br>
まだある。とにかく、青春真っ只中の高校生とはおよそかけ離れた生活だった。</br>
洗濯ももちろん自分。食事当番になれば早朝5時半から食事準備、夜中2時の抜打ち点呼、</br>
寝ている時に猫が部屋に入るわ、一人一畳の生活スペースだわ、お風呂は毎日目の前の</br>
花の湯。有料。もちろん学割無し・・・(高校生なんだから負けてくれー</br>
おばちゃん、といつも思っていた)マクド(ナルド)も禁止、ラーメンも禁止etc・・・</br>
食当(食事当番)とは逆に、外当(外の掃除当番)というおいしい仕事もあり、駅から寮までの</br>
道、片道約500mの歩道を掃除するのだが、駅前の本屋にほうきとちりとりを持ったまま入店。</br>
18歳未満禁止の雑誌や、漫画を隠れて購入。雑誌や買った物(ジュースやお菓子も)を</br>
ばれないように、ビニール袋の中にごみと偽ってこっそり寮へ持参。</br>
そしてこっそりお菓子をほおばり、ジュースを飲みながら雑誌を読んでいる時間が、</br>
本当に至福の時間だった。</br>
コカコーラを飲んだ先輩がいて、連帯責任で全員丸坊主(五厘)にもなったなぁ。</br>
たまに(寮)解散日があるんだけど、シーズン中は3ヶ月解散無し、その間外出なかったなぁ・・(あ、カラオケ行ったっけ)</br>
部員と普通の高校生とは180度違う生活だった。そうなると人種も違う。</br>
当時目黒高校は、女子高生にもてる学校bPだった。が、もちろんラグビー部は対象外。。。</br>
一般生徒は授業が終わると皆、東横線の渋谷方面の電車に乗って、「今日は○○女子と</br>
コンパだ!」「今日は○○が主催のパーティだ!」など嬉しそう話しながら帰る。</br>
(一色紗江とコンパしたなんていう話も耳に挟んだ)
一方ラグビー部というと、彼らとは逆方面の電車に乗り、多摩川沿いの土手へ練習に行く。</br>
しかも毎日どんな練習があるのか、どんなきつい練習が待っているのか等と様々な</br>
プレッシャーを抱えながら。練習へ行く際の部員同士の会話はゼロ!</br>
みな練習への恐怖か、無言・・・</br>
あの時明るく振舞える図太い神経があれば、僕自身もっと凄いプレイヤーになっていたかも?</br>
しれない。</br>
</br>
まだまだ伝説があったと思います。ありすぎて書ききれません。</br>
また、私事ですが、彼女も高校3年間出来ませんでした・・・・</br>
1回良い感じ(笑)になったのですが、寮から脱出する事が出来ない=会えないで自然消滅・・・</br>
まあ色々ありました。失ったものも多々ありました。しかし、その3年間は非常に濃密な時間</br>
であり、僕にかけがえの無いものを与えてくれたんだと思っています。</br>
当時は辞めたい、辞めようと思い続けた日々ですが、辞めないで良かったです。</br>
この記事を見て、「一皮むけたい」と思った中学生!</br>
是非目黒(学院)高校ラグビー部へ!!</br>
長くなったので、今日はこの辺で・・・</br>

</br>
ひとりごと:最近路線がちょっと外れてきたかなぁ。ま、ラグビーの色々な面をお伝えする事も</br>
       いいかな?</br>
</br>




◆トミーと一緒にラグビーを応援しよう!JRFUメンバーズクラブサイトはこちら

・目黒高校ラグビー部とは?興味のある方はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
中学・高校のいわゆる部活って、いまから考えると本当におかしなものがたくさんありますね。トミーさんの場合はましてや寮生活、いろんなことがあったんでしょう・・・でも、そのときの本人は大マジ、真剣。以前、某大学のラグビー部(強豪)のルール(しきたり?)を聞いて思わず笑ってしまいましたが、そんな影の努力の上にも日本のラグビーは成り立っているのでしょうか???

私の高校時代・・・その頃すでにラグビーにはまってました。土曜日は学校帰りに(セーラー服で!)日曜日ももちろん。当時は大学ラグビー中心に観ていました。大学生(選手)がすご〜く大人で遠い存在に(大スターのよう)に思えました(笑)その時の憧れの選手が今ではトップリーグのチームの監督になっています!
hiromi
2004/10/13 17:31
いやー、ワロタ!
トミーどの、絶好調いや絶"筆"調ですな〜!
毎回ブログを楽しく読ませてもらってます。
今回は歴史をひもとくということで、昔の記憶を辿って
ますが、「そうそう!」「あー、分かる!」などと共感
したねー。 
でもラグビー選手はそういう時代を乗り越えてきたから
こそ、何事にも粘り強く取り組めるんだと思う今日この頃。
お互いに納豆のように粘り強く頑張りましょう。
「パスは納豆が糸をひくようにだぞ、いいかー!!(笑)」

専務
2004/10/13 21:07
ハイ!トミー
いつも楽しく読ませていただいています。やっぱりラグビーは高校が原点です。高校時代の話は最高ですよ!笑えます。(当時は笑い事じゃありませんけどね。)僕のいたチームは寮ではありませんでしたが、ドロッドロに泥臭い
チームでした。プレッシャーの中で、会話がゼロなんていうのもわかります。
僕もよく練習前に全身の毛穴が開いてましたから。
これも違う視点からの魅力ですよ。どんどん発信してみんなを楽しませて下さい。どうぞよろしくです!
「大元よしき」です。
2004/10/14 01:30
hiromiさん>いや、まさかあの「地獄」の日々から10年後に、パソコンでネタ
としてこんな記事を書いている、公開しているとは思いもしませんでした。当時は携帯電話も今の3倍近い大きさの時代でした。
hiromiさんの憧れていた選手とは、もしかしたSゴリアスのN友監督ですか?
違っていたらすいません。ただ僕自身がファンだったもので。
(後に敵として戦うとは、思いもしませんでしたが)

専務さん>一昔の上下は厳しかったですよね?納豆大好きです。僕自身も納豆
のように粘っこく頑張っていきます。性格はあっさりしていますが。
>「パスは納豆が糸をひくようにだぞ、いいかー!!(笑)」
どこかで聞いたようなセリフ・・・

大元よしきさん>共感して頂きありがとうございます!ホント当時は笑い事
じゃなかったですよね。一歩手前までいきましたよ。いろんな意味で(笑)。
今となっては良い思い出ですが。
こういう話も経験した人でないとわからないと思うので、これからも色んな
話を発信していきます!
トミー
2004/10/14 14:21
今小3の息子を
なんとか中学でもラグビーができる環境におきたくて
受験を考えています。
この秋は、本郷、久我山、成蹊などの学園祭チェックをしてきましたが、
トミーさんのブログを拝読して、
少々不安になってきた私です(^o^;...。
でもでも、
そんな「地獄」を見てきたからこその
「仲間」や「世界」があるんですよね?
ね?ね?
ryuryu
2004/10/14 18:01
私が憧れていた選手はご想像におまかせします(笑)
現役時代に応援していた選手が監督やコーチ、スタッフとして活躍されている姿を見ると本当にうれしく思います。またそのチームを応援するきっかけにもなりますね。

トミーさんの高校時代のお話からいろいろ昔のことを思い出しますが、私がラグビーを初めて観た時、最も印象に残ったことというのは・・・それは華麗なトライシーンでもなく果敢なタックルシーンでもなく、なんと「ラインアウト」でした。両チームの選手全員が(そんなはずはないけどその時はそうみえた)きれいに2列に並んで「いったいこれからなにがはじまるんだ?」って。かなり衝撃的でした。たぶんラグビーというものをまったく知らずに、いきなり秩父宮に連れていかれましたから・・・
あともう1つ思い出したのが、フェアキャッチのときのこと。ある選手がボールをキャッチしながら大声で「キープ!」。昔は今よりもフェアキャッチの認定が厳しかったので、気持ちはとってもよくわかるのですが・・・やっぱり勢いあまってこんなことってあるのですか?

80分の間にはドラマあり涙あり、そして笑いあり!本当におもしろいですね。
hiromi
2004/10/15 01:35
コメント文字数制限があるのですね。調子にのってダラダラとなつかしい話を書き込んでいたら文字数オーバーしてしまいました・・・

さて本日は気持ちのよい秋晴れ、そして明日はトップリーグ第5節。中盤戦突入でますます目が離せなくなってきました。注目は実力トップ(と言われている)NECvs東芝府中の対決でしょうか?熱く激しい戦いに期待大!です。そして、開幕2連敗と出足の悪かったサントリーも先々週のIBM戦では力強さを取り戻し、クボタはそんなトップグループを崩そうと確実に力を上げてきている。一方、花園では神戸製鋼vsワールドの神戸対決。まだ勝利のない三洋は確実に1勝がほしいところ。
それぞれのチーム、選手全員がいろんな意味での「イケメン選手」となり、がんばってほしいですね。
hiromi
2004/10/15 16:19
>hiromiさん
横レスですが、
フェアキャッチ。
昔は(っていうか今は知らないんですが)、
「両足をしっかり地面につけて、『マーク』という」
というのがルールだったと思います★
ryuryu
2004/10/15 17:32
ryuryuさん>是非お子さんを中学生でラグビーをさせてあげて下さい!
久我山、本郷、成城とどれも名だたる強豪校ですが、僕のいちおし学校があります。
玉川学園です。ご存知昨年までNECグリーンロケッツ所属の、川合レオ君(僕と
同期)がコーチをしており、今後間違いなく強豪校の一つになると思います!
あの、レオ君からコーチを受けられる事は、すごい羨ましいですね。
目黒は。。。貴重な人生を体験できる場だと思います。僕自身は目黒でよかった
と思っています。
ps:hiromiさんのQに答えて頂いてすいません(^ ^;)。

hiromiさん>ラインアウトからラグビーの魅力にとりつかれたんですね?
確かに大男が2列にきっちりと整列した絵を見ると、何が始まるんだという好奇心がわきますね!
ラインアウトは、昔はリフティングも無く、ほぼ互角の勝負となっていましたが、
最近はどのチームも研究し、リフティングもOKになったし、試合を左右する
大事なセットプレーとなりましたね。
明日のNECvs東芝、非常に注目度高い試合です。
僕も明日は観にいけそうです。
トミー
2004/10/15 23:05
目黒のことが出ていて大変懐かしくて、30年程前由布院で夏合宿に3年間おじゃました。お兄さん達が来てくれると練習が楽になるからと嬉しがられていたというのを最近聞いて花園に行けなくなった遠因が小生達にもあるのかと反省させられます。当時小生前歯を折り坊主頭でいたので、梅木監督から目黒の生徒と間違われ?、九州各地から挑戦してくる高校チームの試合に出ろと言われ、返す言葉も無く何試合か出させてもらいましたが、強いチームにいるとなんとラグビーって楽しいものかと痛感しました。11番か14番で出ていましたが、スクラムもラックも敵味方関係無くマイボールで出てきて、それまでいたチームでウイングをやっていると味方のBKからパスが来ることは殆ど無く、目黒のセンターのパスは素晴らしく、相手が見えるパスを放ってくれてまたコースを決めて走ってしまうとフランカーのバックアップが早くて相手ディフェンスに当たった瞬間にボールをキープしてくれるというか、味方のフランカーにボールを奪われる感じでドンドン繋がって行き、これが目黒の繋ぎのラグビーだと実感しました。いろいろな取り決めがあったようですが小生も目黒が大好きです。

北海ラ太郎
2004/11/23 23:43
◆北海ラ太郎さん◆
どうも初めまして!ボクは残念ながら、というかかろうじて?梅木監督のご指導は受けていません。当時の目黒は全国大会常連校で、また僕の現役時代よりも数倍きつい環境、練習でならしていた高校です。
目黒のラグビーですが、よく重量フォワードとか、激しいフォワードのイメージがついていますが、実はバックスもきめ細かいサインやコース取りなどが
あり、全員ラグビーの象徴のようなラグビーを志していました。
僕が2年の時に出た全国大会。あれから既に13年近く経ってしまいました。
早く花園に母校を応援する時が来ればと思っています。
トミー
2004/11/24 13:34
昨日はジャパンの二連敗と共に余りに情報の無さから、ラグビー関連のネットを巡り巡って、トミーさんに辿り着きました。また早速お返事というかコメントを頂いて恐縮です。小生が一緒に合宿に行った頃はFWの平均体重が70kg台でポジションもFW・BK固定されていないような感じで、ウイングが次の日HOやフランカーになったり、全員BKのようなチームだったような記憶があります。現在も大学の後輩が毎年春合宿でお世話になっております。旭川に住んでおりまして、最近ご無沙汰していますが、北海道で恐らく唯一花園の金メダルを持っている居酒屋のオヤジ(目黒・明治出身)と兄弟のように付き合っています。以上また宜しくお願いします。
北海ラ太郎
2004/11/24 19:08
ああ青春 知られざる高校寮生活編 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる