トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュニアラグビーのあり方

<<   作成日時 : 2004/12/13 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

小学生タグラグビー大会 準優勝!&NECも勝利!」について
12日(日)、今にも降り出しそうな雲空のもとに、横浜スタジアムにて
神奈川県のラグビースクールが一斉に集まり、運動会を行う事になっていた
ので朝から足を運んだ。
行ってどうするのかと言うと、県下全てのラグビースクールが集まるという機会はなかなか無いので、どれだけの規模なのか?どういう盛り上がりを見せているか?等を確認?してく出向いたわけです。そして、出来れば様々なスクールの先生と会い、今後何かしらで絡んで(訪問したり、指導したり)いきたいなぁと思いました。

。。。。が、京浜東北線乗車中、既に雨は降り出してしまった。しかも気温も
めちゃくちゃ寒い。情報だけあり、あまり概要を知らない自分としては「本当にこの天気で
運動会しているのかなぁ」と不安になりながらも、スタジアムへ。
そして!
雨天の中、グラウンドには溢れんばかりのコーチ、生徒が!しかも殆どが小学生!
人数は確認できないが、この悪天候の中ざっと700、800人くらいはいたのでは?
当初の目的である「各スクールコーチとの絡み」は、ちょっと厳しそうである。
スタジアムに降り、一緒に参加してみようかと練習着もバッグへ忍ばせてきたのだが、
とても降りられる余裕がなかった。。雨足も強くなり、中止の声も聞こえてきたので
もはや帰るしか選択肢はなかった。
といってもただで帰るのは空しく思い、出身である鎌倉ラグビースクールのコーチの方々と会いたく、チーム席を探した。そしてやっとこさ中谷校長先生と会うことが出来た。
鎌倉へは夏合宿に参加して以来顔を出す事が出来ず、しばらくご無沙汰していた。
中谷先生とお話をし、色々な現在のラグビースクールの状況が把握できた。
話の内容とは

・コーチが高齢化しており、若手コーチがいない。
・生徒も減少しており、アタックディフェンスなどの試合形式練習もできない。
・最近の技術を取り入れる事が出来ず、苦しんでいる

などである。「では僕が是非!」と喉まで出かかったが、小学生に教えた事も無いし、
接し方がまだわからない!!が、確かにコーチが高齢化していることは厳しい。
まずは、引っ越した事だし、顔を出して子供達と触れ合おうかと思う。

やはり野球、サッカーにユースを取られ、ラグビーは危機的な状況になっていると感じている。
が、競技者人口は若干増えたらしい。
この(増えている)状況が一過性のものではなく、継続して増えていかなければいけないと思う。
林さんも今頑張って、ラグビー寺子屋活動で各地を周っているし、元日本代表FLの石塚さんもスクールを周っている。そういった方々の地道なご活動が、少年達にラグビーの素晴らしさを植え付けているのだと思う。

やはり日本のラグビーが少しでも注目されるようにするには、ユース世代から育成し、代表との
パイプを作り、「チームジャパン」というチームの一員とした一貫性の教育スタイルが必要
でしょうか?でもまずは子供達にラグビーの素晴らしさ、面白さをわかってもらう事が最初ですかね?ユース世代の囲い込みが直接代表の強さに直結するかはわかりませんが、土壌はできる
と思います。サッカーはそれぞれのJリーグチームにユースチームが必ずありますよね?
教育現場も、ユース世代の実情も、何も把握していない自分が偉そうな事を述べているかもしれませんが、子供達がいかにラグビーを好きになるか、興味を持つか、そして選手に憧れるかが
必要になってくるのでは?と思います。
とにかく子は宝です!

なわけで、レオ君の記事にトラバしましたが、落ちついたらレオ君、
スクールを訪問!しよう!

追伸:横浜スタジアムは雨天で残念。。しかし夕方には地元鎌倉(大船)で、スクールコーチの
    方々と忘年会に参加しました。
    やはりラグビー大好きオヤジの集まり!飲みながらラグビー談義。
    ときにはバカ話、ときには真剣なラグビー話。
    この世界、どこでも共通ですね。
    僕もある意味で、一日ラグビーてんこ盛りでした。





◆トミーと一緒にラグビーを応援しよう!JRFUメンバーズクラブサイトはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
トミーさんこんばんは。私も横浜にスタジアム行きました。いや〜ホントに寒かったですね。さて、最近はどのラグビースクールも、幼稚園入園からラグビーを始める子供が増えている気がします。私たちのスクールはこの傾向が顕著です。ラグビーは、鬼ごっことお相撲を合わせたようなスポーツですよ、芝生の上で指導するので安全ですよ、と呼びかけたところ結構口コミでスクール生が増えてきました。そしてラグビー未経験のお父さん達もどんどん巻き込み、一緒にグランドにでてもらうようにしています。今年は幼稚園児同士の交流試合も県下では組まれました。これが予想以上に盛り上がっていました。
で、ラグビー人口を増やす一つの方法なのですが、幼稚園児の体力作りというドリルを研究してはどうかと思うのですが、どうでしょうか?
お父さんコーチ
2004/12/13 20:00
ラグビースクールを新たに立ち上げたいと思っています。北海道の嘗ては花園に行ったことのある地域なのですが、現在はその高校自体もラグビー部が消滅してしまって、当時のOBがクラブチームを作って細々とやっているような状況です。幼稚園児からというのはいいですね。小生もラグビーおたくだったのか、野球のボールを持つより早く楕円のボールを持たせようと無理やりラグビースクールに子供達をいれました。結果は長男は柔道、次男はアメラグ、長女はバトミントンをやっていますが、スポーツになじむと言う意味では良かったのかなと思っていますが・・・。
北海ラ太郎
2004/12/13 22:08
トミーさん、こんばんは。うちのスクールは子供たちの人数がかなり増えています。特に3−4歳児クラスが顕著です。近所にこの年齢層を受け入れるところが少ないのもあるのですが、ラグビーを子供にやらせたいという親御さんが増えているのでしょう。以前石塚さんがやっていらした「初めてのラグビーボール」ってありましたよね?あれの後は特に入ってくる子供が多かったとか。スクールの日本のラグビーにおける重要性は増しているような気がします。トップレベルの選手で、スクールでラグビーを始めた選手が増えていませんか?各スクール指導方針などてんでバラバラですが、いつかこの年齢ではこの技術、みたいな指針ができるといいなと思います。また、スクールには地域のラグビーコミュニティの核になれる可能性があるんじゃないかと思っています。ところで、我がスクールの幼児部ヘッドコーチは素晴らしいです。ぜひ一度見に来て下さい!
N山
2004/12/13 23:50
トミーさん、鎌倉ラグビースクール出身なんですね〜。
息子のラグビースクールは、
毎年、鎌倉RSと交流試合をしていて、
一年毎に行ったり来たりしているんですよ♪
今年はこちらに来ていただく年にあたりました。
昨年は、息子(当時小2)が鎌倉にうかがい、とっても楽しかったそうです。
「何が楽しかったの??」
と聞いたら、
「バッタがいっぱいいたこと!」
という答えでしたが(^.^;...。
ryuryu
2004/12/14 15:19
トラバどうも。なんか、久しぶりだね!
1月になったらスクールに行きましょう。
先日、日本ラグビー協会の人から、普及委員のスポットコーチの
お誘いを受けました。私、以外は、松尾さんや今泉さんも名を
連ねているそうです。正式なオファーが来たら、お引き受けしようと
思っています。未来を担う子供たちに、少しでもラグビーの魅力を
伝えられればと思います。
レオ
2004/12/14 17:45
幼稚園からの普及について再びです。
「幼稚園児でもスクールに入れるのを知っていれば、絶対通わせたのに」と、先日スクールの4年生のお母さん数名より言われました。そのお母さんによれば、幼稚園児を子供に持つ母親の、子供に何か運動をさせたいという欲求は強いく、結構高い月謝を払って、体操教室、水泳などに通わせるそうです。ちなみに当スクールの会費は¥800/月ですので、かなり安いそうです。
この間、新聞で読んだのですが、子供は体を密着させて遊ぶことが、心身育成上必要だそうです。関係者の皆さん、押しくらまんじゅうや馬跳びなどをする機会の減っている現代、ラグビーは子供の心、体を育てるのにうってつけと自信を持って良いのではないでしょうか。また、スクールに来ていると、上級生とのタテの関係も結べます。バッタも追いかけられます。
で、「普及」の一番大事なポイントは、お母様方へのアピールです。
元ラガーマンの子供だけを頼りにしていると、ラグビーは伝承芸能の様になってしまいます。トミーさん、レオさん、皆様、お母さん達へのアピールを考えていきませんか。
お父さんコーチ
2004/12/14 19:52
◆お父さんコーチさん◆
貴重なご意見ありがとうございます。やはり子供達の普及には、ご両親の気持ちをこちら側(ラグビー)に向ける事が大事ですね。タグから始めても良いし、おっしゃるとおり体を密着させる遊びからでも良いと思います。とにかく
普及のキーはご両親を巻き込む事でしょうね。
◆北海ラ太郎さん◆
新たにラグビースクールを立ち上げられるとの事、応援しています!
幼い時期から、ラグビーボールに触れる文化。これは非常に大事だと思います。NZでは、男の子が誕生したら、ラグビーボールをプレゼントする習慣があるというドキュメンタリーを見たことがあります。
ラグビースクール設立、是非実現させて下さい!
トミー
2004/12/14 20:26
◆N山さん◆
お久しぶりです。おっしゃるとおり、スクールからの育成は今後日本ラグビーの発展の為に、真剣に考えなければならない事だと認識しています。
N山さんのスクール生が増えているとの事、非常に良い傾向ですね。魅力的な指導をコーチの方々がされているんだと思います。そのようなスクールに、今度是非おじゃまさせて頂きたいと思います!
◆ryuryuさん◆
そんなご縁があったんですね!?話は逸れてしまいますが、ラグビーを通しての関わりや出会いは、全国共通なんですね。初対面の人でも「実はラグビーを昔していた」とか「ラグビーファンなんです」等の縁を感じながら日々生きています。そういった人生の出会いも、ラグビーを通じて仲間意識が醸成されるのでは?と嬉しく思います。
◆レオ◆
是非スクール周ろう!僕も玉川いつか行かせて下さい!
トミー
2004/12/14 20:32
ryuryu さん、こんにちは。うちのスクールの子供たちが、とあるトップリーグのチーム主催のラグビー教室に行ったんです。グラウンドの周りには桜の大木がうっそうとしていて、子供たちは大喜び!何に?地面を掘ったらミミズだらけ!どこでも子供は一緒ですね…。NECのグラウンドに行ったら、何を発見するのでしょう???すみません、与太話でした。
N山
2004/12/14 23:47
レオさん、トミーさん、こんばんは。
私もお父さんコーチさんといっしょにスクールでコーチをしております。
当然、日曜日の浜スタにもおりました。本当に寒かったですね。
うちの幼稚園児たちは、ボール遊びが7割とグランド近郊の探検が3割といった感じですね。幼稚園児に2時間練習をといってもなかなか難しいですから。
とはいえ、その探検が楽しくて練習に来るようになり、そのうちに段々とラグビーの虜になったスクール生(うちの息子を含む)が多いようです。2年生ぐらいになると「タグとかタッチはつまんない!」とか言うコンタクト大好きのラグビーオタクになってしまいます。(笑)楽しいですよ。ぜひスクールめぐりをお願い致します。いつでもお待ちしてます。
茅ヶ崎の鞄持ちです。
2004/12/15 01:11
茅ヶ崎の鞄持ちです。さんへ、
割り込み失礼します(笑い)
コンタクト大好きのラグビーオタク〜…ハハハ頼もしいですね。素晴らしい!いとおしいです。ラグビー界の未来は明るいです!よーし!湘南ボーイからラグビーを変えていきましょう。
「大元よしき」です。
2004/12/15 02:01
お父さんコーチの指摘はドッキリするくらい当たっていますね。元ラガーマンの子供だけを頼りにしていると、ラグビーは伝承芸能の様になる。一番大事なポイントは、お母様方へのアピール。今まで3スクールに関わってきていますが、探検するような子供たちがわくわくするようなスクールが良いですね。
北海道なので冬は雪中ラグビー、かまくら作り、ダイヤモンドダストにキック
そんなイメージで型破りなスクールをつくりたいな。
北海ラ太郎
2004/12/15 19:07
大元さん、
湘南ボーイたち、4月に来ていただいた時よりグ〜ンとたくましくなりましたよ!またぜひ顔を出してください。
北海ラ太郎さん、
雪の無いところで育った身からすると、雪中ラグビーやかまくら作りなど非常にうらやましいですね。うちの子供たちだったらいつまでも雪にまみれて駆け回っていることでしょう。あ〜今年は茅ヶ崎にも雪が積もらないかなぁ。
茅ヶ崎の鞄持ちです。
2004/12/16 00:54
茅ヶ崎の鞄持ちです。さんへ
遅れましてすみません。北海道は広いので大雑把に言って、留萌と襟裳岬を線で引っ張って、それより北の方は結構雪が積もります。しかし意外にその南は雪が無いこともあります。でも小生の家の前には雪かきして3m位積雪があります。雪のない冬を過ごしてみたいなと此方は思ったりします。
北海ラ太郎
2004/12/24 01:27
自分は雪の無い地方の出身ですからこんなことを軽く言いますが、カミサンのお父さんは秋田出身の方で、幼少のころ雪によりかなりつらい思いをしたようなのでシャレが通じません。軽く「雪があるっていいですね」などと言えないのは理解しますが・・・。たまにはなあと思います。今年は思いのほか暖かいので無理みたいですが。
さて、明日は秩父宮でうちの子供たちがフラッグを持ちます。Jスポーツをお楽しみに!
茅ヶ崎の鞄持ちです。
2004/12/25 23:08
ジュニアラグビーのあり方 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる