トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週初めの出来事

<<   作成日時 : 2005/10/05 00:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今週初め、おめでたい事と不幸な事が同時に起こった。
まずはおめでたい事。
(今週初めでは無く、先週末だが・・)NECグリーンロケッツが2連勝した!しかも2戦連続の被ノートライ勝利である。
開幕で三洋ワイルドナイツに完敗した事を知った時は、正直焦ったが、段々と調子を上げている
ようだ。

そして今週初め。10/2(日)、僕の関東学院大時代の一学年下の後輩が学生時代から10年間の大恋愛を成就させ、ゴールインした。
彼の名前は多田憲一。学年は一学年下だが、顔は40代(笑)。かなり控え目にしても
35歳である。そう、ちょっと言い過ぎた(?)が、彼は年齢は僕の2つ上である。関東学院に
入学したのが、3年遅かっただけである。まあ、それはいいとして、学生時代はフルバックとして、そして気まぐれからかスクラムハーフまでこなしていた時期があり、センス抜群であった。
と同時に、「KGU(関東学院の略)のセレビ(=7人制ラグビーの神様。フィジー代表」と言われていたかどうかはわからないが、7人制のスペシャリストでもあった。

このように、才能溢れる彼であったが、不幸なことに、220人部員がいた中、たった一人と言っても過言ではなく、全部員で唯一英語が出来た大変貴重な人材であった。
そのせいで、NZ人コーチであった故バフ・ミルナーさんの通訳兼選手、いや、選手兼通訳という
大役もこなす羽目になった。が、そこでも大活躍。
(最後にはバフさんが日本語がかなり上達し、通訳不用となった感はあったがあえて突っ込まず)
そんな彼だが、本当によかった!おめでとう!

そして不幸な事。
鎌倉RSのコーチであり、NECラグビー部創部立ち上げ時に、スタッフとしてご尽力された方が
10/2の夜永眠された。須永コーチである。享年72歳。
僕のラグビースクール入学時が小学6年。当時から面倒を見て頂き、目黒高校、関東学院大学、
そしてNECと15年間僕のラグビー人生をいつも見守ってくれ、事あるごとに叱咤激励の言葉を
かけて頂いた。病状を悪化させ、車椅子の生活を余儀なくされてからも、鎌倉RSへは毎回顔を
出され、また2年前の7月に、NECラグビー部OBと高麗大学(韓国)ラグビー部OBの交流試合
が我孫子グラウンドで行われた時も、神奈川より我孫子へわざわざ駆けつけてくれた。
その位ラグビーを心から愛しており、選手を常に尊敬しておられた。

そして、先日お通夜時の事。
受付には、「一般」と「ラグビー関係」の2つの窓口に分かれていた。
当然僕は「ラグビー関係」にて受付を行ったが、そちらの受付を済ませている方の
多いこと。そんな様相を見て、須永さんがラグビーで得た財産(=ラグビーの仲間、一生涯の
仲間、まさに「死ぬまで仲間」)は、とてつもなく偉大で素晴らしく、須永さんが生涯で得たラグビー仲間こそ人生の宝であったんだ、と痛烈に思った。

永眠された事は、本当に残念である。しかし、これだけのラグビー仲間に看取られたことを
天国で誇りに思っておられるだろう。

このような事を、ブログの記事にしてもよいものか最後まで迷ったが、須永さんが人生で築かれた財産、「仲間の素晴らしさ」を心から感じたので、書かせて頂いた。

最後に、須永さんの永眠につきましては、心よりご冥福をお祈りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
今週初めの出来事 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる