トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マイクロソフトカップ】クボタスピアーズ準決勝進出

<<   作成日時 : 2006/01/23 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

3年目を迎えた、マイクロソフトカップも初戦が終わり、

・東芝府中ブレイブルーパス(リーグ1位)
・NECグリーンロケッツ(リーグ3位)
・サントリーサンゴリアス(リーグ6位)
・クボタスピアーズ(リーグ8位)

の4チームが準決勝進出を決めた。特筆すべきは、東芝の際立った強さでもなく、
マゾかと思うくらいディフェンスが強いNECでもない、そう、タイトルのとおり

クボタスピアーズ

の準決勝進出についてである。
トップリーグでは、辛くもマイクロソフト出場圏内である8位に滑り込み出場を果たした。
ポテンシャルは高いが波があり、出場チームでもダークホース的存在、
「優勝候補最右翼」ではなかったチームというのが正直なところだろう。

しかし蓋を開けてみると、トップリーグ2位で、今季絶好調の三洋電機ワイルドナイツに
40-24で快勝。

クボタといえば、私が入社2年目(1998年)、東日本リーグ(当時)に初昇格した「新興勢力」。
チームカラーは、明治大学出身の赤塚選手、トンガ代表の暴れん坊トロケ選手を中心とした強力FWを前面に押し出すいわゆる「いけいけラグビー」。
NECは当時、その昇格したての「新参者」に惨敗を喫する。
NECはその敗戦をバネに、リーグ中盤から躍進し、何とかリーグ3位と面目躍如。
クボタはその後敗戦が続いたものの、6位として全国大会出場の切符を手にする。

当時のクボタは、個人的な意見だがいわゆる

ヒール

なチームと認識している。外人や赤塚選手などとにかく力任せなラグビーをモットーとし、
血気盛んな選手も多数おり、スマートな(?)NECにとって最も苦手とするタイプのチーム
であった。そういうチームに対しては滅法強いが、反面サントリーや東芝のようにスピーディな
試合展開が身上のチームと対戦すると、脆く崩れ去るのも一つ特色であった。

「でかい」
「血の気が多い」
「ジャージが黒主体」

そんなイメージが重なり、多分「ヒール」という勝手なイメージが植えつけられたのだろうか。

しかし時はあれから8年。スピアーズは見事に変身/成長を遂げた。
強力なFWは相変わらずの破壊力だが、力任せなだけではなく、初戦の三洋戦で魅せた「泥臭さ」や「ひたむきさ」、それに「正確さ」が備わり、BKに関してもサントリー→サニックス→クボタと移籍してきた名手、SOIの伊藤選手がラインを引っ張り、CTBの吉田選手、FBマクイナリー選手などの切り札を活かす「超攻撃的アタック」を仕掛ける。

SHHには、33歳鉄人で、長年定位置を確保してきた西田選手を押しのけて、井上選手が先発に
入っていたが、パスにキックにと非常にいい動きをしていた。井上選手も株価上げてますね〜。

そしてMVPには、強烈なタックルを何度も何度も繰り返し、激しい闘争心でチームを引っ張り、80分間チームを鼓舞し続けた主将の山口選手であろう。

小さいが、あの激しさと運動量、統率力はすぐにでも代表復帰して欲しいと思った。
ナンバー8のケフーや、FBのロフなど「超国際レベル」の外国人ばかり注目が集まるが、
彼なしでは今季のクボタはありえないだろう。それほどまでに、際立つ存在感であった。

さて、準決勝対戦相手は、上り調子のサントリーサンゴリアス。これも撃破し、東芝−NECの勝者と対戦する決勝戦でも最高のパフォーマンスを見せ、よもや(?)のマイクロソフトカップ優勝を果たせるか!?

ミラクル8

は起きるか?何か期待させる、そんなチームに仕上げてきたと思う。

PS:クボタの選手達のこんな一面が。。こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MS杯「神戸製鋼vs東芝」「NECvsトヨタ」
キックオフギリギリに秩父宮に着きました。 ...続きを見る
ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマン...
2006/01/24 09:51

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
クボタのセンター陣 でかい んですよ、、、
FWが 入っているのかと 思って 背番号をみると 13でした。 センター陣が アラティニ、ニコラスを 止められるか、 楽しみです。
さんぼ
2006/01/24 12:30
トミーさんこんにちは。楽しいレポートありがとうございます。クボタ荻窪監督の勝利インタビュー第一声。「応援して頂いた皆様、雪かきしていただいた皆様、本当にありがとうございます」に感動しました。またレオさんの解説(夜みたもので)も良かったです。一方、NECは見ていて、特に最後の10分くらいしんどかったです。ノーサイド後、「ハァー」と気が抜けてこたつ周辺で家族揃って気を失いました。選手は厳しいのでしょうが、負けたら後がないカップ戦って面白いですね。
お父さんコーチ
2006/01/24 12:33
トミーさん、こんばんは〜。

クボタ、同じ千葉勢ということで秘かに応援していました(三洋も好きなんだけど、関東の選手多いし^ ^;)。
もしも優勝したら、日本選手権にはNEC、クボタ、IBMと千葉県チームが勢ぞろいするかもしれませんね!?
野球に続いてラグビーでも千葉県が天下を盗るか!!(日本選手権の優勝はもちろんNECね^ ^)。
と、ちょっと期待してたりします。
グリ猫
2006/01/24 21:33
実は私…SPEARSファンなのです!
当日も秩父宮で、がっつり応援してきました☆
(もちろん、花園のNECにも念を送っていましたよ!)
次のカードは、MS杯出場にご尽力いただいたSUNTORYさんです。
やってやれ〜!!
いってしまえ〜!!
決勝で、対NECカードが観たいですね☆
まゆこ
2006/01/25 21:29
トミーさん、お世話になっていますanagumaです。実は今週の秩父宮に友人と見に行っていました。来てました?
クボタのバックスは本当にキレがありますね。あのディフェンスの良い三洋がクボタのカウンターアタックを全然止められませんでした。どなたかも言っていましたが、クボタのセンター陣は確かにでかいです。特に渡海谷君!おおプロップがライン参加していると思ったら背番号は12番!うっそー。体型はまるで第一列です。
anaguma
2006/01/26 01:40
【マイクロソフトカップ】クボタスピアーズ準決勝進出 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる