トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本選手権 早稲田大−トヨタ自動車

<<   作成日時 : 2006/02/12 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

まずは早稲田大学、おめでとう!敗れたトヨタも、あの雰囲気の中、とても試合し辛かったとは
思いますが、よくやりました。

試合の詳細は皆さんよくわかってると思うので、とやかく説明するつもりはありませんが、
素直に

「早稲田強かった」。

この一言ですね。力負けするどころか、逆にターンオーバーを何本もしていたし、
フラベルがシンビンで一時退場、FWが7人とみるや時間をかけ真っ向からFW戦を挑んでいたし、
BKに至ってもディフェンスはほぼ完璧。早稲田は強かった。これ以上は言うことなし。

ただ、そんな早稲田に感動すると同時に複雑な心境にも。
トヨタとてトップリーグでは4位の上位チーム。

「トヨタが社会人と学生の差をみせてくれるだろう」

そう思っていた。いや、むしろ期待していた。
社会人が学生に負ける事は許されない、というのが自分の大前提であったし、日本ラグビーを
牽引しているのはトップリーグ(社会人)であり、経験やパワー、スピード共にトップリーグはカーレースで例えるならばF1、学生ラグビーはトップリーグと比較するとF2、F3000位であろう。

間違ってもF1がF2に負ける事はないだろうと踏んでいたが・・・・・

早稲田が先制、前半もトライを取りリードしている時は、大半の人達も期待していたかも
しれないが「もしかして?」と自分も半ば期待、半ば不安の入り混じった感覚でいた。
期待の中に不安。こんな思いをしながらラグビー観戦した事はなかったです。。。。

試合が終わった後も、早稲田の強さ、素晴らしさに感慨しながらも、TL4位のトヨタが何故負けた
のだろう?という疑問が頭をよぎっていた。
メンバーを見ても、代表クラスの顔ぶれも多いし、自力で言えばトヨタの方が一枚も二枚も
上のはず。

トヨタ自動車、朽木監督の試合前のコメントが

「我々(トヨタ)はこの一戦はあくまで(日本選手権優勝への)通過点。」

と捉えていたのに対し、早稲田の清宮監督は

「この試合の為に1年間頑張ってきた。差は確実に縮まっている。」

とあくまでも「打倒 社会人」の目標を掲げていた。

朽木監督のコメントを否定するつもりも全くないし、トヨタの選手が早稲田をなめていた、100%出していなかったとも思っていないが、勝負とはそんなものだ、と改めて感じさせられた。

早稲田の次の相手は、TL、MSカップ2冠で事実上日本最強のチーム「東芝府中」。
奇しくも18年前、早稲田がその東芝府中を破ったのを最後に、学生は社会人に勝てなかったが、
時を経て、18年前のカードが再現する。

簡単にはいかないと思うが、早稲田にはトヨタ以上のパフォーマンスを期待。
一方、東芝府中は、これこそ学生との差を見せつけ「圧倒」する事が使命。

何だか思いついたまま書き綴ったので、文章構成が汚いかもしれませんが、ご容赦下さい。

追伸:この結果で、日本選手権の存在意義を問われる事はなくなったかと思います。。。。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
早稲田 対 東芝!!!
「共に戦う」 23番 連絡とりあいましょう!ようやく 早稲田ショックから 立ち直りそうです・・・しかし 凄い(このブログにしては・・) アクセス数でした。早稲田 効果 ですね・・・おかげさまで 楽天のスポーツ部門では 19位(これ 凄いですよ・・)ブロ... ...続きを見る
らぐびーあにまる
2006/02/14 12:42

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最強のチームと自信があるだけの事はあり早稲田は素晴らしかったですね。次は東芝相手に当然こうはいかないと思いますが、可能性は感じました。快挙の早稲田の試合ばかり取り上げられますが、NECも勝利してホッとしています。立ち上がり元気がなく心配でしたが、調整してきますよね!
こころ
2006/02/13 00:08
18年前の早稲田の勝利以降、社会人と学生の差がどんどん開いていったと私は認識しています。学生、社会人うんぬんはありますが、私は早稲田が勝ったということは、ジャパンも世界で勝つ可能性があるというように前向きにとらえたいと思います。トップリーグが出来て、日本のラグビーはおもしろくなっています。私はそう思います。
まじん
2006/02/13 18:23
秩父宮で生観戦しましたが、早稲田はよく研究していましたね。
対するトヨタはリーグ戦の時にもなかったような出来でした。
もしトップリーグ相手だったら格下でも後半軌道修正したでしょうに、あくまで力押しで行こうとして失敗してしまったようですね。
まあ、マイクロでNECとやった時のトヨタだったら普通に負けなかったろうと思うので、これを持ってトップリーグが弱い云々とは思いませんよ。
早稲田の努力の成果として、そのことを称えるだけです。
て言うか、きちんと鍛えれば20そこそこでも通用するわけだから、ユースがあれば大学はむしろいらないなーと改めて思ったわけです(私はね)。

ところで、あの早稲田ファン(?)の品性のなさ、なんとかならないでしょうか、呆れました。
(すいません、荒らすつもりはないんですが、正直な感想なので。
去年に続いて「ラグビー観戦の楽しみ」を台無しにされてはやってられません。
東芝戦はテレビ観戦します、また不愉快な思いをするのは嫌ですから。T-T)
グリ猫
2006/02/13 20:57
ふー  ため息 ばかり・・・
分かっているのですが、 なんとなく 理解できない・・・ 
凄い 複雑です・・・ 
さんぼ
2006/02/14 12:44
日本選手権 早稲田大−トヨタ自動車 トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる