トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS ラグビー「新スタートコーチ」受講しました

<<   作成日時 : 2006/08/27 23:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 5

本日8/27日(日)、神奈川県協会主催の
新スタートコーチ資格認定講習会兼JRFU資格移行講習会
を受講してきました。

私のブログへトラックバックして頂いた「ラグビーコーチ修行さん」の記事でも書かれていますが、午前中は室内で講義、午後はクラブチームの方々へ実践指導と、一日がかりのメニューです。

詳しくは、上記ラグビーコーチ修行さんが記入されていますが、私が何より今回の受講で
感じたことは

安全に対する意識

でした。

まずは、午前の講義聴講です。

本当に当たり前のことですが、ラグビーという競技、人同士のぶつかり合いの競技のため、怪我をするリスクは他の競技に比べ高いと思いです。
競技の危険性、その回避策、意識の徹底化など、「選手側」の立場からは中々感じ取ることのできない事を、本講義受講により、改めて認識させられました。
(選手は危険性よりも、ハイパフォーマンスを選ぶと思うので。私は後者を選んでました)

そして午後の実践では、六郷クラブの皆さんへの、実践指導編。

午前中の講義メニュー内に、グループワークなるものがあり、簡単に言うと与えられた時間内に、与えられた練習テーマについて、グループになり練習内容を決め、実践指導するというものです。

1、ウォーミングアップ
2、アタック@<スペースへの運び方>
3、アタックA<サポートプレー>
4、ディフェンス
5、クールダウン

という上記5つのカテゴリ。均等に割り振られ、私のグループが担当となったカテゴリは

1、ウォーミングアップ。

・・・・
(内心がっかり・・・)

しかし、「ウォーミングアップだって、練習の一番最初の部分なのだから、最も大事なカテゴリだ」とポジティブに考え、グループで集まりメニュー立案。
※ちなみに各5グループは、それぞれ5〜6人)

これが以外に時間がかかる。。。

20分と決められた時間内に、5または6人で時間配分する。
ウォーミングアップというカテゴリでも更に細かく役割分担され、我々「1」班が悩みに悩んで作成したメニューは

1、前段説明、人員掌握、選手への体調ヒアリング
2、グリッド
 2−1:ポップパス 2−2:ガットパス
 2−3:ダウンボール
 2−4:フライ

で、各種目前のストレッチ、合計6人でそれぞれの分担。
私は、2−1「ポップパス」担当へ。
「何十回、何百回こなしているメニューだし、説明も段取りも完璧さ!」
なんて思ってはいたものの、実際1が終わり、ストレッチが終わり、いざポップパス、私が段どる番になったが、伝えたい言葉が上手く出てこない・・・・

意識させることは

・パスするとき、受けるときのコーリング
・低い姿勢
・やさしいパス
・スタートするタイミング
・ボールをもらう時の一瞬のダッシュ

と頭の中では理解しているも、始める際「ボールはやさしく、低い姿勢で、コールして・・」等
抽象的な言葉しか出てこない。色々と伝えたい事がありすぎるせいか、長年の練習で体にはしみこんでいるものの、いざ言葉で整理し、伝え、指導するとなるとうまくいかない。。。

そして、なかなか伝えられず、ついには自分でデモすることに。デモをしながら、良い例と悪い例を見せながら説明。ようやく伝えたい事が伝えられた。それから実践して頂いたが、今度は
スタートのタイミングが悪く、中央でぶつかり合ってしまいリズムが悪くなる現象が。
そこで一旦中断し、改めてタイミングについてデモ。
相手がボールをもらう前に早くスタートしてしまうため、ポップする側は相手めがけて投げつけるか、またはポップできずとおり過ぎてしまいミスる、挙句ぶつかってしまうという悪循環に陥る。
「もう少しゆっくり、相手がボールを受け取ったらスタートする位のタイミングで」と噛み砕いて説明。結果、上手く回り始めた。Y(^^)

とそうこうしている間に、自分の番は終わり、次のガットパスへ。。

「ふぅ〜」

と、無事に終わったが、伝えたいことを伝える難しさを、改めて感じさせられた。

今回は、ウォーミングアップの、しかもポップパスという一メニューで御役御免となったが、これが本格的な指導になると、全てメニューを作成し、実践となる。(当然だが・・・)

一本芯がしっかり通った上で、枝葉の部分をどう強化するか?更に、その前段として自分がどの分野(スクール、高校、大学等)で、何を目的に(興味喚起、勝利等)、何を指導するか(戦略・戦術、FWorBK、ポジション等)で、目指すべき方向性、コーチのみならずチーム全体のベクトルを、太いベクトルを決めなければならない。

その上で、選手と信頼関係を築き、チームを作る。

まだ本格的な指導には関わっていないが、そういう場面にめぐり合う事になると、真剣に考えなければいけないなと、本日の帰路でしみじみ感じた。
(要は生半可な気持ちでは指導者になれないという事)

まずは当面の私の目標は、(時間が許せば)

「ジュニア(中学生)にラグビーってこんなに楽しいんだ!面白いんだ!もっと練習して、上手くなりたい!」

と思わせる事。なぜなら、その事が、日本ラグビー人口増加及び強化の第一歩だと思うから。

ダラダラとすみません。。
思うままに書いてしまったので、一部伝わらない部分があるかもしれませんが、ご容赦下さい。

追伸:後日郵送で、証書が送られてくるそうです。楽しみ!






















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私も この日 講習に行く予定だったんです。
でも 来週が 試合なので 講習は また今度にして チームの練習に出てしまいました・・・
WESTからも一人 受講してますよ。
今度 是非 うちのチームを コーチしてやって下さい。
さんぼ
2006/08/28 11:57
 冨澤様こんばんは。
 冨澤さんの様な方から、トラックバック通知が来たので、本当にびっくりしています。
 ブログ取り上げていただきありがとうございます。私のようなものが書いたものでも、ご参考になれば幸いです。あのシリーズあと3回ぐらいで終わるつもりです。
 実践指導でしたか、実践のほうが、対象がはっきりして良いと思います。私は、受講者対受講者でした。小学生を対象にするか、中学生か高校生か…TLか、で違いますもんね。
 テーマがラグビーでなかったので、トラックバックがなければ、このブログに出会うのが遅れたかもしれません。共感を超越した感情を持って、読ませてもらいました。
 それでは、失礼します。
クラッシックラガー
2006/08/28 21:12
こんばんは。日曜日はお疲れ様でした。
同じグループでストレッチを担当した者です。
帰りがけにこのブログのことを教えてもらい
ました。

普段小学3年生と一緒にやっていますが、社会
人の方や受講生の方がプレイ(練習)する時の
説明と理解の度合いを見るにつけ、子供達への説明には、もっともっと気を使わなければなら
ないと感じました。

それにも増して練習を見ているうちに、競技歴
のない自分も、全部の練習に参加したくなりました。

これからブログ内探検をさせていただきます。

ではまた機会がありましたら!
St-Ex
2006/08/28 22:00
講習会お疲れ様でした。私も去年やりました。自分には当たり前なことが当たり前ではない人にいかに伝えるか、なんですよねえ。自分がどれだけ分かっていないか突きつけられます。熱中症対策はすぐに役に立ちました。スタートコーチは文字通りスタート。まだまだ先は長いですが、お互いに頑張りましょ!
N山
2006/08/29 21:01
因縁の相手・東京高校のOB森です。30日なんですが、YAJINが都合悪いみたいです。そこで!思いついたんですが、目黒vs東京の試合を観戦して、そこから飲みに行くというのはいかがでしょう?まだ、正式な日程や場所が公表になっていないのですが・・・
もりだい
2006/09/06 23:27
ラグビー「新スタートコーチ」受講しました トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる