トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 湘南国際マラソンで得たもの

<<   作成日時 : 2007/03/19 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

32年の人生で、初のフルマラソン(42.195km)参加しました。

前回の記事で宣言しましたが、結果から言うと

「5時間11分52秒で制限時間内完走」

でした。目標には11分52秒及びませんでした・・・・
まあ、最低目標の制限時間内完走は達成したので、自分では評価したいと思います。
しかしながら、今回のトライは、大変なものでした。
心身共に、走っていくうちにズタボロになっていきます。
以下、当日の振り返りを、時間/距離ごとにレポートします。

3/18(日)
4:30 起床。食事はお茶漬け、もち、バナナ、アンパン等食べまくり、ガソリン補給
6:45 共に参戦の職場の「できる」後輩、O君とI君と藤沢駅で待ち合わせ
7:30 猛烈な北風の中、ひたすら出発をまつ
9:00 「4時間30分〜5時間目標」の組にて出発!
(※スタート地点にはQちゃんこと高橋尚子さんが、皆をお見送り!)

<5km地点> 早くも右ひざに激痛が走る。。。曲げ伸ばしが痛い。
         「リタイア」の文字が頭の遥かかなたによぎる。

<10km地点> 痛い足もピークは過ぎ、何とか普通に走れる状態に。
          「右足よあと32km我慢してくれ」と心の中で祈る

<17km地点> 通常は高速道路のため立ち入ることができない「西湘バイパス」
          を走り、目の前に見える富士山を見ながら感動する。
          ※この辺で徐々に、現実逃避するための心の拠り所を求め始める

<20km地点> 折り返しを前に、左足が痛くなる。沿道の「ハイタッチ無料!」の横断幕
          を見て、20人程の人とハイタッチしまくる。気分を紛らわし、痛みを消す

<25km地点> 今まで歩かなかったが、痛みと疲労のため、走っては歩き走っては歩き
          状態に。。座り込んでいる人、びっこをひきながら歩いている人などが出始
          める
          
<32km地点> 足の痛みもどこが痛くて、どこが痛くないのか麻痺状態に。
          沿道の方の愛のこもった差し入れ(チョコ、あめ、パン等)に涙。
          思考能力も低下、段々何も考えられない状態に。。

<33km地点> 「後10kmですよ〜」 沿道の人の応援。しかし、その10kmがどれほど
          長いかわかってしまっているので、へこむ

<35km地点> もはや自分以外まったく見えない、考えられない状態に。
          「ゴールの先には何が待っているんだろう」という期待だけを
          モチベーションに走るor歩く

<38km地点> 汗も出なくなっており、顔を触るとざらざらしているものが。。
          どうやら塩らしい。給水所であれだけ飲んだのに。明らかに体に異変が!

<40km地点> もう意地だけ。這ってでもゴールしてやるという強い思いだけが体を動かす

<42km地点> 195mってこんな遠かったか?全然足が前に進まない。。。

<ゴール>   「5時間11分45、46、47・・・」刻まれるタイムボード。
          「12分台でいっか」
          「いや、頑張れば11分台だ、頑張ろう」
          自分とのいやらしい駆け引き。
          「5時間11分52秒」 その瞬間ゴールラインを過ぎた。
          朦朧とする意識のなか、すかさず水分補給、ほしぶどうを食べる。

とこんな感じです。もっと×100ドラマはありましたが、心身ともに極限状態であったため、半分覚えていない事も多々ありました。上記は記憶の断片を辿っているものです。

しかし、感動したのは沿道の方の応援!
なんとパワーになったことか!あの応援がなければ、絶対に途中でくじけていました。
制限時間内で完走できたことは、間違いなくあの応援があったからだと、心から思っています。
「人の触れ合い」。普段なかなか感じる事ができない世の中ですが、この時ばかりは触れ合いを強く感じる事ができました。

さて、タイトルの「湘南国際マラソンで得たもの」に戻りますが、

■ゴールするには自分で走る(歩く)しかない。黙ってても江ノ島(ゴール)は
 近づいてこない

■沿道の人、ボランティアスタッフの方々の応援なくしてゴールはありえない。
  改めて応援の絶大な力を感じた

■痛くて心身ともにズタボロになっても、モチベーションがあればなんとかなる

■(ご年配のランナーを見て)人間歳をとっても、やればできるんだ、努力次第なんだと
  人間の偉大さを感じた

■自分はやはり「主役」でいたいことがわかった

■「42.195kmを走りきった」自分と出会えた

■ラグビー以外の競技で、初めて胸を張って誇れる結果を得ることができた

以上が今回の挑戦で得たものです。(思ったことをありのまま伝えたので、ちょっとわかり辛いかもしれません)

ゴール後、感動で涙するかと思いきや、ボランティア、沿道の方の暖かさにうるっときてしまいました。人間ってなんて素晴らしい生き物なんだ、と感じさせてくれました。

そして、

「またマラソン出たいですか?」

との問いに対しては、

「はい、また挑戦したいです」

と答えたい。
   
追記:一緒に参戦したO君は4時間29分台、I君は4時間37分台だったとのこと。特にI君は
    マラソン初参加にも関わらず5時間切り。素晴らしい。

画像

  ↑ 13km地点での自分。余裕ぶっていますが、実はいっぱいいっぱいでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
完走おめでとうございます!
膝は大丈夫ですか?
写真、いいフォームでかっこいいじゃないですか。
次の目標は「目指せ、サブスリー!」ですね!
N山
2007/03/19 23:53
マラソンランナーの心の葛藤が垣間見れました。沿道に応援しにいけなかったのが残念!


お父さんコーチ
2007/03/21 00:01
完走おめでとうございます!文面を読んで、私がフルマラソンを完走した約20年前を思い出していちいち頷いてしまいました。
腹減るんだよねー本当に。
ANAGUMA
2007/03/21 10:29
フルマラソン完走 凄い!
やってみたいような、こわいような・・・
さんぼ
2007/03/21 17:38
完走とはスゲェ〜。
現役復帰できますね(笑
自分のブログにリンクを貼ったので
お知らせします。
ヒマな時にでもチェックしてみてください。
            神戸より、山田。
Yamada
2007/03/26 21:20
よくやった!応援に行けばよかったです。家からコースが見えるのですが、すごい人の数でしたね。私も来年は挑戦しようかな?(まずは10kmから)
茅ヶ崎の鞄持ちです。
2007/04/02 00:48
ひさしぶり、とみ!僕も今年、NYマラソンに出場しようと思ってます。マラソン経験者はみなさん、口を揃えて「つらかった」と言われますが、そのつらさは経験した者のみ知るところでしょう。僕も走れ切れたら報告します。
みのる from NY
2007/04/11 00:43
湘南国際マラソンで得たもの トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる