トミーのラグビーてんこ盛り!

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/18 西湘地区高校ラグビー講習会に参加して

<<   作成日時 : 2010/07/19 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

7/18(日)、私が住んでいる神奈川県平塚市以西の湘南地区(これを西湘=せいしょうと呼ぶ)の高校ラガーを対象とした、ラグビー講習会が開催され臨時指導者として参加した(@小田原城北工業高校グラウンド)。
平塚学園、平塚工科、大磯、小田原城北工業、西湘、そして静岡県から沼津工業が参加。計120、30名ほどの部員が揃っての練習。

基本的には試合だが、試合中や合間をぬって高校生の練習を指導し、試合を見て、指摘をする、といった役割。
ラグビー競技人口の減少と、少子化問題の煽り、更にサッカーや野球人気に押され、なかなか部員が集まらないといった高校の悩みもある感じだが、ラグビーを好きでラグビー部に入ってくれている生徒がこんなに多いのか、と嬉しくなったし、もっと皆にラグビーを好きになってほしい、とグラウンドで熱心に練習をしている生徒をみて、心から思った。皆非常にまじめに、そして熱心に取り組んでくれて、プレーや練習、試合に関する様々な質問もしてくれた。私ごときの現役時代名もなきプレイヤーの声を、熱心に傾聴してくれ、そしてすぐさま実行してくれる生徒(心で聴くことができていました)、本当に大事に育ってほしい、と思った。

そこで・・・
>高校、大学、社会人などトップレベルでプレーしてきたコーチやOBの方々へ
生徒たちは、我々が思っている以上に、その道でプレーしてきた選手の指摘や言動に対し、熱心に聞いてくれます。私と似たような立場で、たまに学生を指導する、という方も多いかと思います。

指導する時、生徒たちのその熱心な気持ちに更に輪をかける方法。それは、指導する前に自分のキャリア(ラグビー出身校、その戦績、代表歴、など)の自己紹介をキチンとすることです。
(これは、企業の研修講師やプレゼンテーターも必ず実践している、と聞いています)

これまでは、指導する時間枠を頂いた後、何となく話して、そのまま何となく練習に入っていきましたが、今回は発言、指導に説得力を持たそうと思い、私の指導テーマとして「自分の事をしっかりと自己紹介する」を掲げて臨みました。

私は、主な代表歴は特にないのですが、それでも「東京の目黒という高校で全国大会ベスト8、関東学院では、準決勝で早稲田大学に敗れたがベスト4、そしてNECグリーンロケッツ時代はサントリーを破って日本選手権で初優勝。ポジションはすべてスクラムハーフ」と自分が何者なのか生徒に明確に知らせることで、傾聴の度合いが大きく変わってくる、と思いました。(多少、実際のキャリアに水増ししても全く問題ないと思います

事実、それまでは暑さもあって(雰囲気的に)だらだら〜、っと集合してきていましたが、その後は移動は全てダッシュ、メニューの合間は度々質問をしてきてくれて、集中していることを非常に感じました。

これは、指導するうえで大事な事の一つに感じました。指導を受ける生徒も、素性の知らない人から教わるより、こういったキャリアを持っている人が教えてくれるんだ、と思った方が受け入れ易いのでは?と感じました。当然、この事で生徒たちの指導内容に関する信頼度は大きく変わってきますし、その分自分の指導も責任のあるものとなります。

私は教員でもないですし、フルタイムで指導する専任コーチでもありませんが、その分、監督やコーチと選手の間に入って違った角度で関わることができますし、普段は教わっていないようなスキルや技術を生徒たちに教えてあげられるため、こういった関わり方もありかな、と思った7/18の講習会でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然のコメント失礼します。クボタラグビー部だったタカです。(いっしーと帝京で同期の)覚えてる?元気?実は先日湘南新宿ラインでトミに似た人見かけたんだ。んでネットでラグビーを見てたらこのブログ見つけて、平塚?に住んでるって書いてあったから、あ、やっぱりトミだったんだって確信。オレも今、茅ヶ崎に住んでるんだ。時間が合えば是非会いたいね。ほんじゃー
タカ
2010/08/30 13:46
7/18 西湘地区高校ラグビー講習会に参加して トミーのラグビーてんこ盛り!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる