さあ、試合会場へ足を運ぼう!【宝がいっぱい!】 

現在5節終了時点で、なんと3勝1敗のチームが12チーム中7チーム!
勝ち点、得失点差にての順位であるが、こんな大混戦ってあるのだろうか?
Jリーグだって、大体上位にあがるチームは決まっている。浦和レッズ、横浜M、ジュビロ磐田
(最近調子悪いが)など3チーム位に絞られてくる。
長年スポーツを見てきたが、まだ6節とは言えこんなに大混戦になる競技を僕は知らない。

明日、明後日の試合も星のつぶし合い。きっとラグビー版TOTOが出たら、毎試合高額な
配当金になるだろう。という程に予想が難しいトップリーグ。
(余談:昔JリーグのTOTOで¥300 三等が当たったなぁ。)

でも、こういう接戦の試合を演じる事により、日本のラグビーのレベルは確実に上がっている
のだろうと思う。スタジアムで試合を観戦していると、本当に自分がやっていたスポーツか?
なんか違うスポーツじゃない?とか思ってしまうほど激しく早い。
もし自分が試合に参戦したらどこまでできるかな?
と興味本位で無謀な想像を膨らませてみる。

でも思う事は1つ。お前らかっこいいぞー!スクールウォーズの、もとい
伏見工業総監督の山口良治先生
ばりの熱い言葉を掛けたいほど、選手は輝いている事。

しかし試合は選手だけで行われるのでは無い。
チームの伝令係的な重責を担う「ウォーターボーイ」、選手入れ替えや
交代のタイミングを計り、タッチジャッジに伝えるチームスタッフ、スタンド最上階から試合の
撮影をするビデオ係etc・・・まだまだ試合を行う上で大切なキーパーソンは沢山いる。

そういった試合の裏を支える人達も大変重要な方であり、彼らの働きいかんで試合が左右される
と言っても過言ではない。F1ばりの戦略と素早い状況判断が、グラウンド外の関係者達にも求め
られているのである。
そういった彼らをこっそりと注目してみるのも、通の観戦方法??かも。
(でも集中しているので、声は掛けない方がいいかも。。)

そんなわけで皆さん、ラグビーはやっぱりライブ観戦が一番!

今週末は柏の葉でNEC-クボタを見に行こうかな。楽しそうなイベント
もやることだし。

追伸:KGUの後輩で、昨年度までヤマハ発動機(ジュビロ)に所属していた
   四宮洋平くんのブログサイト
を見つけたました。海外からの生の情報なので
   非常に面白く貴重です。
 
今日の一言:会場には、試合の他にも沢山の【宝】があるんだよね。





◆トミーと一緒にラグビーを応援しよう!JRFUメンバーズクラブサイトはこちら